手を重ねる

サイトマップ

結婚指輪の価格と離婚率

男女

結婚は一生に一回というのが一昔前までは常識でしたよね。結婚指輪は一生ものだから、高い良いものを買いたいというのが特に女性の夢であったと思います。しかし、最近は離婚率も増えてきて3組に1組は離婚しているという統計も出てきています。そんななか、アメリカのEmory Universityの経済学の教授陣が面白い研究をし、結果をまとめていました。
この研究は、3000人のアメリカ人を対象に行われ、いくら結婚指輪に使いその後離婚したかどうかというものでした。まず、2000ドルから400ドルを結婚指輪に使った男性は、500ドルから200ドル使った男性に比べ、1.3倍離婚率が上がってくるそうです。要するに、高かい結婚指輪を受け取った女性は離婚しやすいということのようです。
そうして、20000ドル以上を結婚式に使った女性は、5000ドルから10000ドル使った女性に比べ3.5倍の確率で離婚していたようです。この研究から、教授陣が出している結論はというと…結婚式と結婚指輪にお金をたくさん使っているカップルが離婚しやすいのは、その後の結婚式からくる借金や金銭的ストレスが影響しているのではないかということ。
1959年アメリカでは、2か月かけ結婚式の準備するのが一般的だったようですが、1990年にはその期間が1年に。また、第2次世界大戦後はたった10パーセントのカップルがダイアモンド入りの結婚指輪を購入していたのに対し、最近では80パーセントに。そうして、2012年のアメリカでは70億ほどがそのダイアモンド結婚指輪に使われたようです。愛はお金では買えないといいます、本当にそのようですね。

TOP